リスク低減措置の検討及び実施 of リスクアセスメントのポイント

リスクアセスメントをもっと理解するためのサイト「リスクアセスメントのポイント」

リスク低減措置の検討及び実施

リスク低減措置の検討と実施は、どのように行えばよいのですか。

 次の手順で実施します。

(1)リスク低減措置の検討

 リスクの見積もりの結果、原則として、優先度が高いと評価されたリスクから安全衛生部門の長が中心となって、リスクの除去・低減措置案を検討します。

(2)リスク低減措置の優先順位

 費用対効果を踏まえながら、LinkIconリスク低減措置の優先順位を参考にして、具体的な措置案(対策案)を複数検討し、その中から最適なものを採用します。ただし、可能な限り高い優先順位のリスクか低減措置(設備面等の抜本的な対策を含みます。)を実施することが重要です。

(3)リスク低減措置の効果予測

 検討されたリスク低減措置の実施が作業性、生産性や品質などにどのような影響を及ぼすのか、作業者などと相談しておく必要があります。

(4)リスク低減措置の実施

 実施するリスク低減措置と実施の方法が決定したら、実施担当者がリスク低減措置を実施します。なお、リスク低減措置の実施後には、特定された危険性又は有害性について、作業者の意見を求め、再度リスクの見積もりを行います。そして、リスク低減措置の効果と作業性、能率等に及ぼす影響を確認する必要があります。
 また、元請業者の設備等に対して、リスク低減措置が必要なときは、元請業者とのミーティング等の場で検討した内容について伝える必要があります。

(5)残留リスクへの対応

 リスク低減措置を実施しても、技術上の問題などで、現状ではこれ以上リスクを低減できず、やむを得ず大きなリスクが残留してしまうことがあります。
 リスクが低減されていないものは、無理に下げずにそのままをリスクアセスメントの実施記録に記載し、その内容を作業者に周知させるとともに、必要な保護具等の使用、安全な作業手順書の徹底を作業者に教育します。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png