ハザードとリスク of リスクアセスメントのポイント

リスクアセスメントをもっと理解するためのサイト「リスクアセスメントのポイント」

ハザードとリスク

ハザードとは

 ハザード(危険性又は有害性)とは、建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する危険性又は有害性のことです。

【危険性の分類例】

  • 機械等による危険性
  • 爆発性の物、発火性の物、引火性の物、腐食性の物等による危険性
  • 電気、熱その他のエネルギーによる危険性
  • 作業方法から生ずる危険性
  • 作業場所にかかわる危険性
  • 作業行動等から生ずる危険性

【有害性の分類例】

  • 原材料、ガス、蒸気、粉じん等による有害性
  • 放射線、高温、低温、超音波、騒音、振動、異常気圧等による有害性
  • 作業行動等から生ずる有害性

リスクとは

 リスクとは、危険性又は有害性によって生ずるおそれのある負傷又は疾病の重篤度及び発生する可能性の度合いのことです。

ハザードとリスクの違い

 例えば、作業場所に電気が流れている裸電線があるとします。この裸電線は、危険性(ハザード)ですが、これに人が触らなければ、感電という労働災害には結びつきません。
 あくまでこの裸電線の近くで作業員が作業をすることで、裸電線に触れて感電するという労働災害が発生する可能性が生じます。これがリスクです。

ハザード
電気が流れている裸電線
リスク
裸電線に触れて感電死する可能性

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png