リスクアセスメントの実施状況の記録と見直し of リスクアセスメントのポイント

リスクアセスメントをもっと理解するためのサイト「リスクアセスメントのポイント」

HOME > リスクアセスメントの実施状況の記録と見直し

リスクアセスメントの実施状況の記録と見直し

リスクアセスメントの実施状況の記録は、どのようにすればよいのですか。また、リスクアセスメントの見直しの方法は、どのように行えばよいのですか。

(1)リスクアセスメントの実施状況の記録

 リスクアセスメントの結果として、必要な事項を記録したものを整理し、リスクを日常の安全衛生活動に役立たせるため、関係者はいつでも、だれでも見ることができるようにしておくことが大切です。

 リスクアセスメントの実施の記録については、次のものが考えられます。

  1. 洗い出した作業
  2. 特定した危険性又は有害性
  3. 見積もったリスク
  4. 設定したリスク低減措置の優先度
  5. 実施したリスク低減措置の内容

(2)リスクアセスメントの見直し

 実施したリスクアセスメントが適切であったか、さらなる改善が必要がどうかを検討する必要があります。見直しの内容としては、効率的でやりやすい実施手順の見直し、見積もり・優先度の設定の基準の目安や判定の基準の見直し、措置実施の優先順位の原則の引き上げなどがあります。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png