リスクアセスメントの基本的な手順(手法) of リスクアセスメントのポイント

リスクアセスメントをもっと理解するためのサイト「リスクアセスメントのポイント」

HOME > リスクアセスメントの基本的な手順(手法)

リスクアセスメントの基本的な手順(手法)

ステップ1 実施体制の整備

 経営トップによるリスクアセスメントの導入宣言を行い、実施体制を整備します。

LinkIcon実施体制の整備

ステップ2 実施時期の決定

 新しい現場で作業を開始するとき、作業現場でリスクに変化が生じるときなど、いつリスクアセスメントを実施するのか、実施時期を決定します。

LinkIcon実施時期の決定

ステップ3 情報の入手

 作業手順書、取扱説明書、発注者などからの情報などを入手します。

LinkIcon情報の入手

ステップ4 危険性又は有害性の特定

 機械・設備、原材料、作業行動や環境などについて、労働災害に至る流れを想定しながら、危険性又は有害性を特定します。ここでの危険性又は有害性とは、労働者に負傷や疾病をもたらす物、状況のことで、作業者が接近することにより危険な状態が発生することが想定されるものをいいます。危険性又は有害性は「ハザード」ともいわれます。

LinkIcon危険性又は有害性の特定

ステップ5 危険性又は有害性ごとのリスクの見積り

 特定したすべての危険性又は有害性についてリスクの見積りを行います。リスクの見積りは、特定された危険性又は有害性によって生ずるおそれのある負傷又は疾病の重篤度と発生可能性の度合の両者の組み合わせで行います。

LinkIconリスクの見積もり方法

ステップ6 リスク低減のための優先度の設定・リスク低減措置内容の検討及び実施

 危険性又は有害性について、それぞれ見積られたリスクに基づいて優先度を設定します。
 リスクの優先度の設定の結果にしたがい、リスクの除去や低減措置を実施します。

LinkIconリスク低減措置の検討及び実施
LinkIconリスク低減措置の優先順位

ステップ7 実施状況の記録と見直し

 実施した結果を記録、保存します。また、実施したリスクアセスメントの基準等の見直しを行います。

LinkIconリスクアセスメントの実施状況の記録と見直し

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png